千葉スポーツドッグクラブです  ディスクドッグを通してワンコ達と遊んでいます  講習会も開催中
プロフィール

CSDC連絡係

Author:CSDC連絡係
CSDCの出来事をお知らせします

佐倉市のCSDCグラウンドで、毎月第1土曜日に練習をしています
初心者向けの講習会も開催中


にほんブログ村 犬ブログ ディスクドッグ(ドッグスポーツ)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ
にほんブログ村










ハヤテ君が早くお家に帰れますように

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム

リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

Q:犬とディスクで遊びたいのですが、教え方がわかりません。

A:まずはディスクに対して犬に興味を持ってもらうところから始めます。


ほとんどの方は『犬にディスクを持って来させる』ように教えようとしてしまいますが、
それは少し違います。

ディスクドッグのトレーニングの流れは以下の通りです。

      
stage1   犬の好むディスクを選ぶ

stage2   転がしたディスクを目で追う

stage3   転がしたディスクを追いかける

stage4   転がしたディスクを咥える

stage5   咥えたディスクを持ったまま走る(歩く)。

stage6   ディスクを咥えたまま呼ぶと来る

stage7   咥えて来たディスクを「離せ」などの命令で離す

stage8   犬の目の前に軽くトスしたディスクを空中で咥える

stage9   犬の進行方向の少し先にトスしたディスクを空中で咥える。

stage10   2~3メートル先に投げたディスクを空中で咥える。

stage11   ディスクを投げる方向へ犬が先行して走り
      空中で咥えられる距離が伸びる。




以上に書いたステージは犬により必ずしもstage1から順に進むとは限りません。
犬によってはいきなりstage3や4から始まる場合もあったり、
最初はstage1で苦戦していた犬が急にstage4までスキップしたりすることもあります。
それぞれのstageをいかにクリアするかは、犬それぞれの個性によって違います。
講習会や練習会に参加して、様々な方法や体験談などを聞いてみることをお勧めします。

       

スポンサーサイト
Q:『ディスクドッグ』と『フリスビードッグ』は何が違うの?

A:基本的には同じです。

発祥国のアメリカでは『ケイナインフリスビー』などとも呼ばれています。
ですが、『フリスビー』という呼び名はWHAM-O(ワムオー)という会社の登録商標ですので、勝手に使用した場合商標権の侵害になる可能性もあります。
現在日本においては『日本フリスビードッグ協会』(JFA)が『フリスビー』という名称を使用できる協会です。競技においてもWHAM-O社製のフリスビーを使用しています。
商標権が無い場合『プラスチックなどでできた円盤型の飛ばして遊ぶ遊具』の名称は『フリスビー』と呼べないので『フライングディスク』または単に『ディスク』などと呼んでいるようです。
『日本フリスビードッグ協会』以外の類似団体は、それぞれで独自に呼び名をつけています。使用しているディスクの形や重さ素材などが少しずつ違います。

当クラブのスタッフには『日本フリスビードッグ協会』のインストラクターがおりますので、『フリスビードッグ』を使用することも可能ですが、万が一にでも商標権を侵すことがないよう、クラブ会員のみなさまと自由な活動をして行きたいと考え、比較的一般的になってきた『ディスクドッグ』という名称を使用させていただいております。


【Q】小型犬でもディスクはできますか?
【A】もちろんできます。


   犬用ディスクには大きさや素材が違ったたくさんの種類があるので、その子に合ったディスクを見つけてあげることが大切です。
 CSDCでは小型犬のわんちゃんにも参加いただいたおります。
 ただし、犬種の大小にかかわらず心臓や関節等に疾患のあるわんちゃんは症状を悪化させるおそれがあります。かかりつけの獣医さんとご相談ください。


● どのディスク良いか選んでみましょう!! ●

◆ スカイドッグフリスビーディスク(Lサイズ)
   こちらは公式戦などにも使われる大きさのフリスビーです。
   人間の投げる練習用にはこちらがおススメ。
   でもビギナーわんちゃんや子犬、小型犬には不向きです。

          サイズ:直径 23.5cm
          重さ:119g

◆ スカイドッグエラストマーウルトラソフト
   直径19センチと少し小ぶりのディスクです。
   グニャグニャしていてお口に優しいので、ビギナーわんちゃんや子犬におススメです。
   小型犬にはこれでも少し大きいかも。

          サイズ:直径 19.0cm
          厚さ:2cm 
          重さ:約65g



◆ ヌノスビー(Lサイズ)
   その名の通り、布でできたディスクです。
   ふんわりゆっくり優しく飛ぶので、ビギナーわんちゃんや子犬におススメです。
   エッジに入ったチューブの噛み心地が楽しく、わんちゃんゴコロをそそります。


          サイズ:直径 21.5cm
          厚さ:1.7㎝
          重さ:70g

◆ ヌノスビー(Mサイズ)
   上記ヌノスビーの小さいタイプ。
   小型犬にはこちらがおススメです。

          サイズ:直径 18cm
          厚さ:1.4㎝
          重さ:50g 



◆ スカイドッグフリスビーディスク(Sサイズ)
   さらに小さなSサイズのフリスビー。
   体重5キロ未満でお口の小さなわんちゃんにはこちらがおススメです。
   ただし、投げるのはけっこう難しいかも。

          サイズ:直径 10.0cm






● 犬用フリスビー(ディスク)が買えるショッピングサイト ●

日本フリスビードッグ協会オンラインショッピング
http://www.frisbeedog.co.jp/hp-data/shop/index.html

アバウト マイドッグス
 http://www.about-my-dogs.net/SHOP/19798/list.html




★ CSDCでディスクを楽しんでいる小型犬たち ★


プチくん チワワMIX ヌノスビーMサイズ使用
puchi.gif



紬(つむぎ)ちゃん ボストンテリアMIX ヌノスビーMサイズ使用
tumu.jpg



こころちゃん キャバリア スカイドッグフリスビーSサイズ使用
coco.jpg







// ホーム //